電気料金を抑えたい方へ|電力会社を比較してみよう

新電力で安くなるのか

電線と複数の会社

安くなるカラクリとは

2016年4月以降、電力自由化に伴い電力会社を選べるようになりました。これまでは地域にある電力会社一社が独占した形で電力を提供していましたが、独占で行われると我々が負担する電気料金はさじ加減で決定されることになるという弊害があります。今までの電力会社は原子力発電所などかかった費用を積み重ねて電気料金を決める「総括原価方式」で決定されるので割高になりますし、高くても客を他社に奪われることはありませんでした。こうした点を鑑みれば電力自由化により色んな電気小売業が競争して販売することになりますので、おのずと電気料金は下がることになります。実際に新規参入してきた新電力会社の料金プランを見ても安くなっているという統計調査が出ています。家庭のコスト削減の目的からすれば電力自由化は歓迎されるべきことであり、電気会社を比較して最も安い会社を選択できるのは消費者として嬉しいことです。しかしここで一つ疑問が生じます。既存の電力会社は自前の発電所を所有し、インフラ整備により各家庭に電気を供給できるパイプラインを持っていますが、新電力会社はどのような形で電気を発電して供給するのでしょうか。そしてどうやって安い電気料金で提供できるのでしょうか。実は新電力会社は新たな発電所や発送電事業を行う訳ではありません。従来のインフラをそのまま利用する形で行われることになるのです。電気事業は電力自由化に伴う電気事業法改正により発送電分離が義務付けられたことで新電力会社が参入しやすくなったのです。そのため電気料金もコストなどの負担なく各会社の裁量によって決定できることになるのです。電力が落ちたり停電が起こりやすくなることはないので安心して利用できるのです。